MENU

前髪が少なくなる理由

前髪が少なくなる理由は、色々ありますが、よく言われるのが男性ホルモンです。

 

前髪が抜けたり短くなったりするのは、男性ホルモンが原因で、おでこの面積が広くなってきてM字部分が後退してきた場合、男性型脱毛症を発症している可能性が高いです。
過度の洗髪も、前髪が少なくなる理由の1つで、2回続けて洗っていたり、朝シャンしている人は、そうなりやすいです。
こうした髪の洗い方をしている人は、薄毛を促進させるおそれがあるので注意しないといけません。

 

洗いすぎによって表面の必要な皮脂まで流してしまうと、頭皮が傷んでしまいます。

 

睡眠不足も薄毛を促進させてしまう原因の1つで、毎日夜更かししたり、生活リズムがバラバラだったりすると、前髪がハゲやすくなります。
前髪が少なくなるのは、栄養不足も理由の1つで、体内に吸収される栄養は、脳や内臓など、生命維持に不可欠な場所から分配されていきます。髪の毛には最後まで栄養が回ってきにくいので、偏った食生活で栄養不足になると、髪の毛は栄養失調になってしまいます。髪の毛のためには、脂っこい食べ物や辛いもの、甘いもの、肉類などは控え、野菜を積極的に取り入れる必要があります。たんぱく質も髪を作る大事な栄養素なので、バランスよく摂ることが大事です。